昨年は本当に災害が多く、弊社取り扱いの火災保険での事故報告も多数いただきました。ほとんどがAIG損害保険株式会社でご契約をいただいているお客様で、大きなトラブルもなくスムーズに対応いただき、保険金のお支払いも完了しホッとしております。

一段落したところで、私の自宅の風災被害の請求をさせていただきましたが、保険会社での対応違いに大変驚き、思わず皆さんへのご報告です
私の自宅の火災保険は古く、当時「住宅金融公庫の特約火災」と言われるもので、ローン期間に合わせて不動産業者さんのご指示で長期で契約したもので、私がこの業界でお世話になってからも見直しもせず状態でした・・・
注:ほんの一例で、ケースバイケースと思われますのでご参考までに・・・


被害状況
アンテナが倒れ、屋根瓦(カラーベスト)が数枚割れ、その他の押さえ部分、雨樋の破損あり
修理業者さんの見解
カラーベストを1枚1枚取り換える事は、割れてしまうので物理的に無理でありおすすめできない

2018年12月6日(木)
・事故の保険金請求書、写真、見積書、図面を送付
2019年1月7日(月)
・保険会社から何の連絡もなく、郵便事故の心配もあり確認の電話を入れる
保険会社:「調べて直ぐに折り返しの電話を入れます」
私:「すぐにわからない様子なので、届いていないのならもう一度送ります」
保険会社:「すぐに確認します」
1時間半後電話あり
保険会社:「ありましたので、担当より電話させます。」
私:「今まで私の書類はどうなってましたか?」
保険会社:「はぁい?」
私:「もう結構ですお電話お待ちしております」
2019年1月7日(火)
・災害対策室担当者より電話あり
担当者:「早速実調?へ行きたいのですが明日の15時どうですか?」
私:「いきなり実調(専門用語)と言われても・・・今までの間、私の書類はどうなってましたか?」
担当者:「私の机の周りは大量の書類があり・・・・・・・・・・・・・・・・・」
その後も通じない噛み合わない押し問答が続き
担当者:「明日見に行きます」
2019年1月9(水)
・家を見に来られ写真を撮られる
2019年1月11日(金)
担当者:「確認しましが、屋根瓦の破損部分のみ認定をさせていただきました。色が変わる等々言われましても(言ってない)それは保険では対象外ですので。」

結局、数百万円の見積もりの一部30万円程度の支払いで終了。
(担当者が地上から見えて確認の写真を撮れる部分のみ
担当者:「その他の損害があれば修理に入られてからその部分の部分の・写真・見積もりを提出ください」
⇒その金額では修理に入れません

この保険会社の火災保険を皆様にご提案させていただくことはありませんのでご安心を

弊社取り扱いのお客様の支払い例
・必要書類一式を提出
到着当日保険会社の担当者より電話あり
担当者:「損害確認できましたので臨時費用をプラスして本日支払の手続きをしたいのですが大丈夫ですか?」
私:「屋根瓦の一部損にも関わらず、全体の修復見積もりを提出しましたが大丈夫でしたか?」
担当者:「この年式の建物で一部補修できますか?全部補修の方が今後も安全で、お客様も喜ばれるのでは・・・
私:「あ、ありがとうございます。よろしくお願いします。」

保険会社も、われわれ代理店もお客様目線が一番である痛感できる出来事でした

日々精進、お客様に喜ばれるお客様目線で

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。